SERVICEサービス内容

小核試験(OECD TG487)

小核試験(OECD TG487)

被験物質を処理した細胞の細胞分裂終期における小核(細胞分裂時に生じる染色体分裂の異常)の有無を観察することで染色体異常の原因となる遺伝毒性を持っているかを評価する試験です。

陽性該当基準
・少なくとも1つの試験濃度で、同時陰性対照と比較して統計学的に有意に増加している。
・適切な傾向検定で評価し、少なくとも1つの実験条件で、用量依存性の増加が認められる。
・当該結果は、いずれも陰性対照の背景データの分布から外れている。

検索画面に戻る